陰部の脱毛は痛い?料金の相場や脱毛完了までの期間を解説

陰部(VIO)ラインを脱毛したいという人も増えてきている中、痛みはどのくらいなのか、料金はどのくらいかかるのか気になる人も多いはず。

そこで、陰部の脱毛を考えている人に耳寄りな情報を解説していきます。脱毛完了までにかかる期間なども含めて今からサロンやクリニックで脱毛を考えている人は参考にしてみてください。

陰部脱毛とは?どの部位を脱毛できる?

陰部脱毛とはVライン・Iライン・Oラインの3ヶ所を指します。1部位ごとの施術も可能ですが、3ヶ所をまとめて脱毛できるプランが人気です。衛生を意味するハイジーンという言葉から、別名「ハイジニーナ」とも呼ばれており、衛生という意味も持っています。

ハイジニーナ脱毛はVIOラインをすべてツルツルにするという意味がありますが、Vラインについてはお好みの毛量や形を残して脱毛する人が過半数を占めています。一般的な逆三角形型や卵型~ハート型や星型などユニークな形に仕上げられるサロンもあります。

iラインの脱毛で失敗をしないためには

陰部脱毛をするメリットは?

陰部脱毛をすることで得られるメリットを見ていきましょう。

・陰部が清潔に保てる

・生理時の不快感が軽減される

・ファッションの幅が広がる

・自己処理による肌トラブルの心配がなくなる

・男性から好感を持たれる一番のメリットは、陰部のムレがなくなる清潔に保てること。生理の際に生えている毛に経血が付着するのを防げるほか、ナプキンの取り換えも楽になり不快感も軽減します。特にVラインをキレイにしておくと、大胆なファッションもムダ毛がはみ出るのを気にせず楽しめるため、露出が多くなる時期も安心です。

また、頑張って自己処理していた人は肌トラブルを起こす可能性が少なくなり、自分で肌を傷つける心配もありません。陰部を整えている女性は好印象という男性も多いので、男性ウケを狙う女性にもおすすめです。

脱毛方法は主に2種類

陰部脱毛を行う方法は光脱毛とレーザー脱毛の2種類です。それぞれの特徴の違いは以下の通りになります。・光(フラッシュ)脱毛→脱毛サロンでエステティシャンが行います。痛みの強さはマイルドですが、あくまで抑毛効果を得られるだけなので、完了後もムダ毛が復活します。

・レーザー脱毛→資格を持った医師や看護師が在籍する医療機関でのみ行えます。サロンで行う光脱毛より高い効果を得られ、永久脱毛も可能です。強い痛みを感じやすいのがネック部分です。どちらも良い部分があるので、サロン・クリニックの雰囲気を見てから決めるのもおすすめ。

Vラインの仕上がりパターンを複数用意しているところ・料金が安いところなど重視するポイントごとに通いたいと思えるところを探してみてください。

陰部脱毛は痛い?痛みを抑える方法は?

身体の中でもV・I・Oのデリケートゾーンは特に痛みを感じやすい傾向にあります。光脱毛とレーザー脱毛なら光脱毛の方が痛みが抑えられています。レーザー脱毛を希望する人で痛みが気になる場合は、麻酔を使用すれば強い痛みを感じずに済みます。

肌質や脱毛機によっても痛みの感じ方は異なるので、できるだけ痛みをおさえるために、以下のポイントに気をつけてみてください。・痛みの少ない脱毛機を採用しているところを選ぶ・生理中の施術は避ける・レーザー脱毛の場合は麻酔を使用する

従来の脱毛法は、毛根部分の黒いメラニン色素に反応して脱毛しますが、その他にも発毛因子となる「バルジ領域」と呼ばれる部分に直接アプローチする方法もあります。医療レーザー脱毛ではレーザーの種類によっても特徴が異なるため、複数のレーザーを搭載した脱毛機を取り扱っているクリニックで脱毛するのもおすすめです。

また、生理中は肌が敏感になりやすいため施術は避けるようにしましょう。

基本的に経血の付着など衛生面の関係からデリケートゾーンの施術はNGとなっているので、生理期間はお休みして体調が万全のタイミングで通えるとベストです。

レーザー脱毛を行うときは麻酔を使用すれば痛みを感じずに済みます。

しかし、別途麻酔代が必要となるため諸費用なども頭に入れておきましょう。

脱毛完了までの回数・料金の相場はどのくらい?

サロン・クリニックで陰部脱毛した場合の脱毛完了までの平均回数や料金の相場をチェックしてみましょう。

・サロン→平均12~18回/約7万円

・クリニック→平均5~8回/約10万円

選ぶところによって回数や料金に差はありますが、陰部3ヶ所をまとめて脱毛する場合の平均は上記の通りです。ほどよく残すかすべてツルツルにするかでも料金が違ってくるので注意しましょう。

通う期間はサロンが最短2年ほど、クリニックが最短1年ほどとなります。通う回数をできるだけ少なくしたい人はクリニックでのレーザー脱毛をおすすめします。陰部のみ脱毛するよりも、全身脱毛を契約した方が結果的にお得に脱毛できるケースもあります。

サロンやクリニックによっては「脱毛し放題プラン」を取り入れているところもあるのでチェックしてみてください。

痛くない脱毛法ってある?痛みが嫌な人におすすめな脱毛法はこれだ!

陰部を数回全照射する場合もある

Vラインの毛を残したい人でも、数回だけ陰部を全照射する場合があります。陰部は特に剛毛な部位なので、少し全体に照射して毛量を減らす・ムダ毛を細くするために行います。全照射せずにそのまま脱毛したい部位だけを照射すると、仕上がりにムラが出て見栄えが悪くなるケースも。

ツルツルなところと濃いところにメリハリがつきすぎて不自然な仕上がりになるのを避けるためにも、全照射は大切です。光脱毛では多くて6回程度、レーザー脱毛では多くて3回程度行い、毛量を調節します。薄くなるからといって全照射しすぎると反対に残しておきたい部分までなくなってしまう可能性があるため注意しましょう。

脱毛後に気をつけるポイントは?

脱毛後に気をつけるポイントをご紹介します。

・保湿ケアをしっかり行う

・毛周期に合わせて通う脱毛後は肌が乾燥した状態になっています。保湿ケアをしっかり行い、肌に潤いを与えてあげることが大切です。乾燥した状態のまま放置すると施術に適さない肌質になってしまったり、肌トラブルの原因になってしまったりと悪循環に陥ってしまうので要注意。

また、従来の脱毛法は毛の生え変わるサイクルである「毛周期」に合わせて脱毛していきます。毛周期の中で脱毛に適しているのは成長期と呼ばれる時期なので、早く通いたいからといって1ヶ月に何度も通っても効果が得られません。

成長期は2~3ヶ月に1回の間隔で訪れます。一部のサロンやクリニックでは、毛周期に関係なく脱毛できる方法を採用しているところもあるため、できるだけ早く脱毛したい人は各サロン・クリニックの脱毛法にも注目してみてください。

投稿日: